離れて暮らす選択

青空とビジネスマン

自宅を離れて暮らす選択

2025年日本は団塊の世代の人口が75歳となり、高齢者の割合が4人に1人という超高齢化社会に突入します。その為、将来の介護に不安を抱える人もいるでしょう。今回は将来の介護に備える為に、施設入所の観点から話をしたいと思います。 入所施設は様々な形態があります。その中の一つに有料老人ホームと呼ばれる施設があります。有料老人ホームとは、高齢者に配慮した造りになっています。食事や洗濯等の家事や健康管理といった日常生活を送る為に必要なサービスが付いた施設です。 有料老人ホームの一番の特徴は介護認定を受けていなくても入所出来る事です。同じ様に介護認定を受けていなくても入所出来る施設の中にはケアハウス等の軽費老人ホームや高齢者専用賃貸住宅等があります。

有料老人ホームの価格について

有料老人ホームへ入所を希望する場合、毎月の利用料と入所前に払う一時金が必要です。入所一時金は以前は非常に高く設定されていました。施設によっては数千万円が必要となる場合があり、一般の方が入所する事は困難でした。 しかし、昨今の介護施設の供給拡大に伴い一時金の額を大幅に見直す施設が増えてきています。近年は入所一時金を無料にする施設も増えてきており、一般の方の入所も比較的容易に出来るようになっています。 利用料の価格は特別養護老人ホーム等と比較するとやや割高です。しかし、先にも述べた介護認定を受けていなくても利用出来る点を考えると、元気な内に施設に入りたいと考えている方は選択肢の一つに上げても良いでしょう。

注目の記事