高齢者の生活の場所

雑談

どのようにして誕生したのか

有料老人ホームとは介護が必要な高齢者、もしくは今後介護が必要になるかもしれない高齢者の生活の場所として設立された老人ホームになります。有料老人ホームという名称で呼ばれるようになったのは割と最近です。同じような目的を持って建てられた施設は以前よりありました。その一番最初が養老院です。その後時代が変わり、バブルのころにケア付きの高齢者住宅が誕生したのです。有料老人ホームは一見すると一般のマンションのようなものが多く、そのため分譲として販売されることもあらります。近年では相続などの問題から、終身利用権としているところが多いそうです。有料老人ホームも以前とは様変わりし、温泉やフィットネスジムが併設されていたり、快適な生活を送れるようになっています。

今後はどのように発展していくか

有料老人ホームの数は今後もどんどん増加すると思います。その要因としていくつか考えられますが、まず一つ目は高齢者の受け入れ施設の不足です。面倒を見る子供達が就業していると、自宅での介護はとても困難です。在宅サービスもたくさんありますが施設入所を希望される方が多いでしょう。料金があまり負担にならない施設を探すと思いますが、低料金の施設は人気が高く待機期間が生じます。ですので空きを待つ間有料老人ホームに入居される方が多いのです。要因の二つめにサービスの充実化です。施設内でサークル活動や教室が開催されていたり、有意義に過ごすことができるよう工夫されています。元気な高齢者にとっては重要なことですので、ますます人気は高まるでしょう。

注目の記事